ギャンブルの還元率について解説

コラム

ギャンブルは還元率が高いほど当たる確率が高いと思われることが多いのですが、実際にはそれほど単純なものではありません。
これは実際にゲームやそのレースに勝つことができる確率と、還元率が混同されている傾向があるためです。
ゲームやレースに勝つことができる確率は一般的には勝率と言われ、これまでのそのゲームやレースの勝ち負けの数から割り出されるものとなっているのに対し、還元率はこれらのゲームやレースの確率には依存しないものとなっているのが特徴です。
一般的にオンラインカジノは様々なギャンブルの中で最も還元率が高いと言われていますが、その理由はこの割合がプレイヤーがゲームに投入した金額に対して、集金となる金額の割合を示すものとなっていることに注意が必要です。
そのため勝率が低くても賞金が高いものは還元率が高いと言われることになるため、賞金の額が大きいカジノは非常にその率が高いと言う結果になります。
この率が高いのはオンラインカジノが様々なギャンブルの中では上位となり、約95%と言われています。
すなわち、プレイヤーが投入した金額の95%が賞金で支払われることになるのです。
また日本では公営ギャンブルと言われる競馬や競輪が非常に当たりやすいと言われることも多いのですが、これらはその割合は70%程度となっており、オンラインカジノに比べると非常に低いことがわかります。
さらにパチンコは70%以下と言われることも多く、その数字だけを見ると勝つ確率が非常に低いと思われることも少なくありません。
これらの現象が起きるのは、日本の公営ギャンブルはそのほとんどがプレイヤーが投入した資金を様々な事業に流用していることによるものです。
競馬や競輪などの場合では、その投資したお金を収益金と扱い、様々な公共事業に役立てていることが明らかになっています。
そのため公営ギャンブルは地域振興のためにも非常に有益なものと認められていることになり、賭け事が基本的に禁止されている日本の中で特例的に認められるものとなっているのです。
これに対してオンラインカジノの場合にはより多くのお金をプレイヤーに還元しようとしている傾向があり、さらにカジノならではの高額な配当が主流になっていることから、この割合が高くなっているのが特徴です。
還元率はこのように実際にプレイヤーが支払ったお金が賞金になる割合を示すものとなっているため、それぞれのゲームの勝率を示しているものではありません。
それぞれのゲームの勝率は個々のゲームによって異なり、これを適切に見極めることが重要となります。
カジノの花形であるルーレットやポーカーはそのベットの方法によって勝率が変わることがわかっており、またライブカジノの場合にはディーラーの技術によっても勝率が変わるものです。
これらの特徴を見抜いて自分なりに勝率を予測することがオンラインカジノで勝つための重要な要素となっており、様々な発表されている確率を鵜呑みにしてゲームを行うと大きな失敗をしてしまうことになります。
この点に十分に注意をして遊ぶことが重要であり、複雑な数値だけを意識してゲームを行うと、期待はずれの結果に終わってしまうことが多いため注意をすることが大切です。
オンラインカジノでは、本物のカジノと同じように高い配当を得られることが魅力となっています。
細かな確率を気にするよりも、それぞれのゲームを存分に楽しむために様々な方法を選ぶことが、その魅力を満喫できる方法となります。
勝率ばかりを意識すると損失を大きくしてしまうことになるため、これらの条件を十分に意識しながら、自分なりの勝ち方を見つけるのが最も良い方法となっています。

タイトルとURLをコピーしました